こちらに共通ヘッダが追加されます。

化学システム創成工学科

「化学と化学工学を使いこなして、人と環境にやさしい化学システムの創成をめざそう!」

現在、われわれは地球環境問題、資源・エネルギー問題、バイオテクノロジーなど、大規模で複雑な課題に直面し、持続可能な社会の形成に必要となる基盤技術の開発が求められています。「化学システム創成工学科」では、化学および化学工学を基盤とし、このような問題を解決する新しい化学システムの創成を目指しています。対応すべき課題として、ナノ材料をはじめとする新規で高機能な材料開発およびそのプロセス開発に関わる分野と地球環境問題や生物・生体システムに関わる分野を取り上げ、それぞれマテリアル・プロセスデザインコースと環境・バイオテクノロジーコースの2コースを設けています。各自の興味に応じ、コースの専門科目を重点的に履修することが可能である一方、両コースにわたって幅広い履修も可能です。 
「化学システム創成工学科」で育成される人材は、化学工学を基盤とする化学技術者として活躍できます。その活躍の場は非常に幅広く、化学産業や医薬品、食品、化粧品などのファインケミカル産業のほか、電気・電子、情報・サービス、医療、機械、自動車、素材などの多くの産業分野、あるいは、新素材や環境・バイオテクノロジーをはじめとする先端的工学の研究分野などが考えられます。


 
マテリアルデザイン

高機能ナノ材料
の設計

プロセスデザイン

物質をつくりだす化学プロセス
の開発

環境・バイオテクノロジー

地球環境・エネルギー問題
への応用

 

研究クローズアップ

粉体工学
粉体プロセスの高度化に対応する設計と制御法、粉体工学特有の定量的材料設計法の確立を実験とシミュレーションで行っています。
移動現象
生産処理プロセスや環境保全プロセスにおける異相(気体-液体-固体)間界面での物質の移動を基礎的に解明するとともに、環境・エネルギー問題やナノテクノロジーに応用することを研究しています。
 

化学システム創成工学科
 

「化学システム創成工学科」卒業生の主な就職先

旭化成、武田薬品工業、エーザイ、田辺三菱製薬、ノボノルディスクファーマ、日立製作所、キヤノン、住友化学、三洋化成工業、花王、資生堂、P&G、カゴメ、サントリー、大日本印刷、本田技研工業 など