こちらに共通ヘッダが追加されます。

機械システム工学科

ものづくりを原点に、さらなる最先端技術の創造をめざす

機械システム工学は、ものづくりを原点に、現代の最先端技術の担い手として産業の周辺に広がるさまざまな機械・機器を設計・開発する学問です。「機械」という言葉が幅広い領域を指し示す言葉であるように、機械システム工学の対象領域は多岐にわたり、自動車・船舶・電車・航空機などの車両や輸送機器をはじめ、多様な生産を支える製造機器、さらにはこれら機械が必要とするエネルギーの利用技術や材料加工までもがその対象となります。本学科では、ものづくりの興味を大きく育て、社会で生かすことができるよう、少人数教育を徹底し、専門性を重視しながら学問の殻を打ち破る、総合的な視点を備えたエンジニアの育成を目指しています。

 
未来社会を支える
最先端技術
ものづくりを原点とする
高度専門教育
総合的視野を有する
マルチエンジニア
 

研究クローズアップ

写真:天然の植物材料を使った新材料の開発 写真:ロボット支援型3次元計測器の性能評価
天然の植物材料を使った新材料の開発 ロボット支援型3次元計測器の性能評価

 

本学科は、材料、熱・流体、生産・システム・制御の3つの研究分野から構成され、相互に連携を取り合いながら、研究活動を実施しています。材料分野では、環境に優しい材料の開発や材料にかかる力の測定,摩擦による影響などを研究しています。例えば、竹に注目し、竹材から優れた強度特性を持つ維管束鞘を有効に単離し、環境に適合した新しい高強度複合材料の開発を行っています。また、生産・システム・制御分野では、CADによるバーチャルなアイデアや画像を迅速に形にするシステムや、オフィスや家庭で利用するための機械やロボットの研究を行っています。

 

機械システム工学科
 

「機械システム工学科」卒業生の主な就職先

宇宙航空研究開発機構、三菱重工業、新日本製鐵、川崎重工業、神戸製鋼所、IHI、中部電力、四国電力、日本製鋼所、大日本印刷、富士ゼロックス、本田技研工業、トヨタ自動車、豊田自動織機、マツダ、ダイハツ工業、スズキ、デンソー、トヨタ車体、全日空整備、小松製作所、NTN、東芝、ダイキン工業、パナソニック、三菱電機、シャープ、セイコーエプソン、大林組、竹中工務店、中外炉工業、帝人、旭硝子、旭化成、三菱化学、TOTO、INAX、日立建機、ヤンマー、コスモ石油、堀場製作所、村田製作所、森精機製作所、椿本チエイン、南海電気鉄道、NTTデータ、ソフトバンク など