こちらに共通ヘッダが追加されます。

教育・研究

学科(学部)・専攻(大学院)一覧

学科(学部)

変化し続ける科学技術に、柔軟に適応する能力を身につけ、人と地球の豊かな未来のために、最先端の知識と技術を学ぶ10学科
人と環境にやさしい知的なコンピュータシステムの実現をめざして、インテリジェント化・ユビキタス化・ネットワーク化などの研究を進め、高度な情報処理技術を社会で活かせる技術者を育成します。
誰もが自然に接することができ、思いのままに使いこなすことで、より豊かな社会や生活づくりに役立てることができる情報システムの研究・開発に取り組んでいます。
電気エネルギーをパワーとして扱う学問、特にインフラストラクチャとパワーエレクトロニクスに焦点を当てた教育と研究を行っています。
電子工学に関する基本的知識とそれを応用・展開できる幅広い知識を持ち、社会における新しいニーズを的確に捉えることのできる能力を身につけます。
ものづくりを原点に、現代の最先端技術の担い手として産業の周辺に広がるさまざまな機械・機器を設計・開発する研究を行っています。
地球資源の有効利用と、無公害エンジンや生産機器の開発を目指して、エネルギーの発生技術と利用技術の二つの分野を研究しています。
分子の性質を活用して先端領域を開くために、新しい機能性物質を開発できる独創性豊かな化学技術者や研究者を養成することを目指しています。
ナノ材料をはじめとする新規で高機能な材料開発およびそのプロセス開発に関わる分野や地球環境、生物・生体システムに関わる分野などにおいて、化学工学を基盤とする化学技術者や研究者を養成します。
地球、生命といった大きな視点から私たちの毎日を見直し、地球と人間、社会の環境システムを理解し、さまざまな環境問題の本質を追究します。
数学の基礎となる「代数学」、「幾何学」、「解析学」を学び基礎を固めた後、統計学や数理ファイナンス、情報処理やプログラミング、応用数学などの応用分野を学び、更に高度な理論を扱う専門分野の知識を身につけます。

 

 

専攻(大学院)

深い学識と高度な専門知識を持つ人材、自立した研究活動を行える人材を輩出する5専攻
 
計算機科学、情報の処理と伝達にかかわる「情報分野」と、人の知的働きを解明し工学的に応用する「知能分野」の教育・研究を行っています。
電気工学・電子工学分野での最先端領域の研究に必要となる基礎理論と、それらを応用・実証する実験的探求を中心として、幅広い研究活動を展開しています。
最新の計測機器やコンピュータを備えた研究設備のもと、機械工学の素養を充分身につけ、高度な研究・開発を行える研究者・技術者の養成を行っています。
現在および将来にわたって重要性の高い化学と化学技術に関する課題について研究を実施します。この過程を通じて、独創性に溢れ、問題解決能力を備えた人材を育成します。
数理科学、地球科学などの工学諸分野を基礎として自然環境の解析と環境保全技術、数理モデルの研究を行い、21世紀の地球環境問題を見通す研究者・技術者の養成を行っています。