こちらに共通ヘッダが追加されます。

ハリス理化学研究所

 

 

 

ハリス理化学館の伝統を受け継ぐ、京田辺校地・理化学館

今出川校地にあるハリス理化学館は、創立者新島襄の科学に対する熱意に共鳴した米実業家J.N.ハリスの寄付によって1890年に竣工したもの。掲げられた石のレリーフには「(18) SCIENCE (89)」と刻印されています。理工学研究所はこの伝統の上に立ち、革新的な研究を続け、現在は京田辺キャンパスの理化学館にて脈々と受け継がれています。

 

研究成果は、内外の研究や教育の多大な刺激に

本研究所は専任教員と兼任教員で構成され、その研究分野は、電気、機械、化学、知識、情報、数学、物理、生物、地学、科学史など幅広く、近年では学際的かつ総合的に各分野の境界領域にも拡がっています。国内外との共同研究を活発に行うと同時に、全学の自然科学教育部門をも担っています。さらに、1998年度より一部の専任教員は、大学院理工学研究科の数理環境科学専攻にも加わり、学術的な研究を進めています。こうした成果は、国内外の主要誌に論文として公表されます。また「同志社大学ハリス理化学研究所研究発表会」を年1回開催するとともに、「同志社大学ハリス理化学研究報告」を年4回刊行し、国内はもとより海外の大学、研究所、情報センター、図書館などに発信しています。

 

意欲的な学生が参加する、創造科学教育夏期研修

同志社ハリス理化学校出身者で、フェライトの発明など数多くの創造的業績をあげた故加藤与五郎博士の「優れた創造力を発揮して科学技術を先導し社会に貢献する人材を育成する」という遺志を継承して、研究に意欲的な理工学部および理工学研究科の学生約10名が参加し、教員数人の指導により軽井沢で約3週間の創造科学教育夏期研修を毎年欠かすことなく続けています。

 

独創的な研究に与えられる、加藤・山崎記念寄付金の奨励金

前述の加藤与五郎博士の遺志を受け継いで設立された加藤・山崎記念寄付金より、独創的な研究に取り組む大学院生に研究奨励金を給付しています。