こちらに共通ヘッダが追加されます。

高分子化学研究室

教員

  • 東 信行 (教授) Nobuyuki HIGASHI
    Researcher Database

    研究分野: 合成・生体高分子の科学 研究室: SC-422
    TEL: 0774-65-6622 FAX: 0774-65-6844
    研究室のHP: http://www1.doshisha.ac.jp/~polychem/index.html
    E-mail: nhigashi
  • 古賀 智之 (教授) Tomoyuki KOGA
    Researcher Database

    研究分野: 高分子化学、先端バイオマテリアル 研究室: SC-421
    TEL: 0774-65-6621 FAX: 0774-65-6844
    研究室のHP: http://www1.doshisha.ac.jp/~polychem/index.html
    E-mail: tkoga
  • 松本 孝広 (実験講師) Takahiro MATSUMOTO
    Researcher Database

    研究分野: 高分子化合物の構造解析 研究室: SC-415
    TEL: 0774-65-6644 FAX: 0774-65-6644
高分子化学研究室web siteへ

主な研究テーマ

  1. ペプチド・タンパク質の自己組織化によるナノ構造体の創製.
  2. 人工分子膜と生体高分子のハイブリッド化による生体分子素子の開発研究
  3. 超分子人工薄膜の開発研究とその高度な配向状態にもとずく分子応答特性の解明.
  4. ハイブリッド単分子膜・累積膜(LB)の作成と高次構造の解明ならびに分子認識特性の解明.
  5. 高機能性ポリマー分子膜による化学情報変換現象の解明.

 

研究内容

我々の研究室では,従来にない高度で新しい機能をもつ高分子組織体の創製を目指して研究を行っている。この目的のためには,生体のもつ豊富な機能と精緻で絶妙な構造が格好のターゲットとなる。例えば脂質二分子膜と膜タンパクなどの高分子とから成る生体膜は,それぞれに独立にあるいは相互が協同的に働いてその重要な機能を果たしている。この様な生体の機能を分子レベルでモデル化し,基礎的,学問的に重要な生体機能の発現のメカニズムを解明すると共に,工学的にはエネルギー効率のよい有用な機能高分子素子の構築を考えている。このような目標を達成するため,分子組織システムの設計とそれに必要な分子の合成ならびにその機能評価などを総合的に行っている。