こちらに共通ヘッダが追加されます。

無機合成化学研究室

教員

  • 廣田 健 (教授) Ken HIROTA
    Researcher Database

    研究分野: 無機化学による新機能性セラミックスの合成 研究室: SC-208
    TEL: 0774-65-6690 FAX: 0774-65-6849
    研究室のHP: http://www1.doshisha.ac.jp/~makato/
    E-mail: khirota
  • 加藤 将樹 (教授) Masaki KATO
    Researcher Database

    研究分野: 超伝導および関連物質の合成と物性評価 研究室: SC-207
    TEL: 0774-65-6686 FAX: 0774-65-6686
    研究室のHP: http://www1.doshisha.ac.jp/~makato/index.html
    E-mail: makato

研究内容

 

 

 

 

 
 
 
 
 

II. 電磁気材料

2-1. 電気特性材料

ペロブスカイト関連化合物

 

Mn酸化物:
巨大磁気抵抗効果,金属-絶縁体転移,触媒,燃料電池の電極材料,センサーと幅広く研究

 

  • ・(Nd1-xCax)MnO3・・水蒸気吸着特性
  • ・Ca(Mn1-xTix)O3・・金属-絶縁体転移における電磁気特性
  • ・(La1-xCax)MnO3・・触媒酸化(燃焼)反応
  • ・Ca2MnO4 ・・合成と電磁気特性
  • ・Ca3Mn2O7・・合成と電磁気特性

 

Fig. Preparation of Ca2(Mn1-xTix)O4 powders

 

Temperature (℃)
Particle size of Ca2MnO4 heated at 
a) 700℃, b) 800℃, c) 900℃, d) 1000℃,and e) 1200℃ in O2

 

2-2. 磁気特性材料

スピネル-フェライト: Mn-Znフェライト、Mgフェライト

Fig. TEM photograph of as-prepared MgFe2O4 powder.

 

Lattice parameters of Mg(Fe1-xMnx)2O4

Fig. Lattice parameters (a) of Mg(Fe1-xMnx)2O4 obtained by
heating at 800℃ for 2 h in air.

 

III. 超伝導関連遷移金属酸化物材料

EuSr2RuCu2-xZnxO8(0_x_0.2)の合成層状Bi-Co系酸化物Bi2Sr2CoOyの合成とヨウ素インターカレーション

 

実験方法

 ・ 固相反応法による合成(湿式混合)
 ・ X線回折・・・・・・・ 結晶構造の評価
(RINT2500, 20~70。)
 ・ 酸素・窒素分析装置 ・・ 酸素含有量の算出
(EMGA-620W/C)
熱重量分析(TG) ・・・ ヨウ素含有量の算出
(DTG-50)
SQUID ・・・・・・・ 磁化率測定
(MPMS,5K~300K,0.1T)
四端子法 ・・・・・・ 電気抵抗の測定