こちらに共通ヘッダが追加されます。

峯岸彩夏さんが最優秀ポスター賞(金賞)を受賞

2015年05月20日

峯岸彩夏さんが第8回アジアシクロデキストリン国際会議にて最優秀ポスター賞(金賞)を受賞

2015年5月14~16日に開催された第8回アジアシクロデキストリン国際会議(8th Asian Cyclodextrin Conference)において、大学院理工学研究科応用化学専攻の峯岸彩夏さんが、最優秀ポスター賞(The Nagai Poster Prize, The Gold Prize)を受賞しました。

峯岸さんは、マウス体内において常時生産されている一酸化炭素分子の生理学的な役割を、鉄(II)ポルフィリンとシクロデキストリンを組み合わせた超分子錯体を用いることによって、独自に調査する手法を開発しました。今回、ポスター発表に加えて約10分間の口頭発表を英語で行い、その研究内容およびプレゼンテーションなどが総合的に審査された結果、本発表が学生・一般を含む40歳以下の研究者計47名の中から最優秀賞(金賞)に選出されました。
 
                              
 
■発表題目
Removal of CO from the Blood of Mice by an Iron(II)porphyrin/Cyclodextrin Supramolecular Complex

■発表者
峯岸 彩夏 理工学研究科 博士課程(前期課程)
応用化学専攻 2年次生
機能有機化学研究室
(理工学部 機能分子・生命化学科 卒業生)

■連名者
北岸 宏亮(理工学部 准教授)
加納 航治(同志社大学名誉教授)

第8回アジアシクロデキストリン国際会議