こちらに共通ヘッダが追加されます。

菅谷陽輔さんがベストポスター賞を受賞

2015年08月01日

理工学研究科 菅谷陽輔さんが第17回生物無機化学国際会議にてベストポスター賞を受賞

2015年7月20~24日に中国・北京にて開催された第17回生物無機化学国際会議(17th International Conference on Biological Inorganic Chemistry, ICBIC17)において、大学院理工学研究科応用化学専攻の菅谷陽輔さんがベストポスター賞(The MILS Best Poster Award)を受賞しました。

菅谷さんは、金属錯体とタンパク質が関与する生体内化学反応を、シクロデキストリンと呼ばれる分子カプセルをタンパク質の代わりに用いることによって、水溶液中で再現可能であることを発見し、その反応メカニズムについて詳細に検討しました。この研究成果を本会議にて発表した結果、計249件のポスター発表の中から8件のベストポスター賞に選出されました。
 
     

■発表題目
Intramolecular Migration of Hydroxyl Radical in the Supramolecular Heme Protein Model Complex to Form the Verdoheme Analogue

■発表者
菅谷 陽輔 理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻
2年次生 機能有機化学研究室
(理工学部 機能分子生命化学科 卒業生)

■連名者
北岸 宏亮(理工学部 准教授)
加納 航治(同志社大学名誉教授)
 
 17th International Conference on Biological Inorganic Chemistry, ICBIC17