こちらに共通ヘッダが追加されます。

麻生健太さんが優秀ポスター賞を受賞

2015年11月26日

理工学研究科の麻生健太さんが第5回CSJ化学フェスタ2015で優秀ポスター賞を受賞

2015年10月13日(火)~15日(木)に開催された第5回CSJ化学フェスタ2015において、大学院理工学研究科応用化学専攻の麻生健太さんが優秀ポスター賞を受賞しました。

麻生さんは、マイナーグルーブバインダーを模倣した二核銅錯体を開発し、その錯体が低pH領域においてマイナーグルーブに強く結合し、DNAを加水分解することを明らかにしたことが評価され受賞に繋がりました。
 


■発表題目
「DNAの特異的切断:Minor groove binderを模倣した二核金属錯体の開発」

■発表者
麻生健太
理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻2年次生
(理工学部 機能分子・生命化学科 卒業生)

■連名者
福井克樹
(理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻1年次生 ) 
野村章子(同志社大学 理工学部先端科学技術センター研究員)
人見 穣(理工学部 教授)
小寺政人(理工学部 教授)
 
第5回CSJ化学フェスタ2015