こちらに共通ヘッダが追加されます。

松川沙弥果さん、角田歩さん、奥谷晃久さん学生優秀発表賞受賞

2016年04月10日

理工学研究科の松川沙弥果さん、角田歩さん、生命医科学研究科の奥谷晃久さんの3名が日本音響学会2016年春季研究発表会において学生優秀発表賞を受賞

2016年3月9日~11日に桐蔭横浜大学でおこなわれた日本音響学会2016年春季研究発表会において、理工学研究科電気電子工学専攻の松川沙弥果さん、角田歩さん、生命医科学研究科医工学・医情報学専攻の奥谷晃久さんが学生優秀発表賞を授賞しました。

同賞は将来の音響学の発展を担う若手研究者を奨励するため、とくに優秀な発表を行った学生会員に授与されるものであり、2015年に行った下記研究発表が評価され今回の受賞となりました。
 
■ 論文題目
「超音波照射による骨中誘発電位における異方性について」
松川沙弥果、眞野功、水野勝紀、柳谷隆彦、高柳真司、松川真美(理工学部教授)

「同軸型熱音響エンジンの音場解析 -平行平板近似の有効性-」
角田歩、坂本眞一、渡辺好章(生命医科学部教授)

「音楽聴取によって想起される情動の強度と脳活動に対する研究」
奥谷晃久、伊達俊彦、吹野美和、岩川幹生、笹部孝司、長雄紅美、森泉裕貴、秋山いわき(生命医科学部教授)、渡辺好章(生命医科学部教授)

 日本音響学会(外部サイト)